紫外線の影響と対策

見た目にも健康にも影響!紫外線の恐ろしさとその対策法

紫外線の影響とその対策方法

女性にとってお肌の大敵となるのが紫外線ですよね。

年齢を重ねるごとにその影響は顕著になり、シミやシワ、たるみなど見た目に大きな変化を及ぼしてしまいます。

また、紫外線の影響は見た目だけではなく、健康にも影響を及ぼすことがわかっているので注意が必要です。

そんな紫外線による身体への影響とその対策法についてまとめました。

紫外線を浴びると肌はどうなる?

紫外線は肌にとって最も悪い影響を及ぼすものとされています。老化の約80%は紫外線によるものだと言われているくらい肌にとってダメージが大きいものなのです。

肌の乾燥、シワやたるみの原因に

紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生、その活性酸素が細胞にダメージを与えて活動を弱めるとともに、コラーゲン繊維、エラスチン繊維などを分解してしまう酸素の生産を促します。

結果、肌が乾燥したり、シワやたるみが生じてしまう訳ですね。

シミの原因にも

さらに、紫外線を浴びることでシミの原因となるメラニンが生成されます。

通常、メラニンは皮膚のターンオーバーとともに数ヶ月かけて排出されるんですが、紫外線の影響で排出できないほどメラニンが生成されると、それが残ってしまってシミができてしまいます。

肌を老化させたくないのであれば、とにかく紫外線対策を行うことが重要になるという訳ですね。

紫外線は健康にも大きなダメージが

紫外線の影響は肌だけではありません。

目へのダメージ

紫外線は目にも吸収されると言われていて、目へのダメージが蓄積されることで、白内障になる可能性があると指摘されています。

皮膚がんになる可能性も

さらに、紫外線によって皮膚が赤く炎症を起こす「サンバーン」という状態が繰り返されると、遺伝子が損傷し、皮膚がんになる可能性もあります。

健康を脅かすことにもなりかねないので注意が必要ですね。

紫外線への対策法

そんな見た目にも健康にも影響を及ぼす恐ろしい紫外線ですが、対策法を知っておくことである程度カットすることができます。

日焼け止め

日頃から簡単にできる対策は、何といっても日焼け止めを使用することです。

日焼け止めは日焼けを防ぐだけではなく、紫外線をカットする成分が含まれているんですね。

紫外線をカットする目的としても、日焼け止めは大きな効果が期待できるので、外出するときは必ず使用しましょう。

日焼け止めの選び方ですが、日光の量や季節によって紫外線の量は違うので、出かける場所、浴びる時間や時間帯、季節や天候などをチェックして、その時々で使い分けるのが効果的です。

ちなみに、日常的に使用する日焼け止めの場合は、SPF30前後の商品を使用することで、肌への負担も少なく使い続けることができます。

まめ知識

SPFって何?

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、紫外線(B波)の防止効果を表す数値。赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安です。

例えば、25分で赤くなる人の場合、SPF30の日焼け止めを使用すると、塗らなかった場合に比べて約30倍の時間(25分×30=750分)、肌が赤くなるのを防ぐことができます。

サングラス

また、目の病気を予防するためにはサングラスが絶大な効果を発揮します。

特に車の運転をしている時には、どうしても目を開いて周囲を見渡す必要があるので、紫外線の影響を受けがちなんですね。

最近は紫外線をカットするガラスが使用されている車も存在しますが、その場合もサングラスを併用することで、より紫外線を抑えることができるのでオススメです。

黒い日傘

それから、日傘も紫外線対策には効果的。ただ、色によって紫外線をガードする力に差があるので注意が必要です。

例えば、白は紫外線を反射させてしまい、傘の下まで届いてしまうので不向き。

日傘を使用する場合は、紫外線を吸収してくれる黒を選びましょう。

対策まとめ

紫外線は、日光が降り注ぐ熱い夏の季節だけ対策しておけば良いというわけではありません。

比較的涼しい季節でも紫外線が無くなるわけではないため、油断せずに対策しておく必要があります。

特に外で家事や仕事をする際には、日焼け止めや日傘、サングラスなどで対策するようにしましょう。

シミ予防には薬用美白オールインワン「シズカゲル」も効果的
↓↓Webでの申込みは下記バナーをクリック↓↓
シズカゲル

シズカゲル40%OFF申込みはこちらから